2017 Road to THE GRAND PRIX

ボートレース住之江

グランプリへの道

ピックアップ

開催場
開催日程
2017 04.11~04.16
関東
3159江口晃生
江口晃生

近況絶好調の江口晃生がV候補本命!
今回のマスターズチャンピオンでV候補筆頭に名が挙がるのは江口晃生だろう。選考勝率7.56で堂々のナンバーワン。初日ドリーム戦1号艇から戦いのスタートを切る。2月のG1関東地区選手権で優勝するなど今期6Vという近況絶好調ぶり。52歳になっても衰えないどころか、むしろその走りに磨きがかかっている印象だ。
江口はマスターズ初出場だった13年びわこ大会でいきなり優勝を飾ったものの、その後の3大会は優出を逃している。4大会ぶりのタイトル奪還を目指す戦いに注目だ。

進入コース別成績
進入
コース
進入率出走
回数
平均
ST
入着率
129.2%980.15
237.2%1250.15
317.3%580.15
413.1%440.15
53.3%110.16
60.0%0
東海
3268森竜也
森竜也

地元の期待を背負う森竜也!
今回戦いの舞台となるのはマスターズチャンピオン初開催の津だ。誰よりもこの大会に熱い思いを込めているのは地元の森竜也だろう。昨年は予備10位に終わって出場権を逃していた森だが、今年は気迫の勝負駆けを披露。選考期間内の最終節となった1月の津匠シリーズで優出2着の活躍を演じ、選考勝率6.04で48位に入って地元マスターズへの切符をもぎ取った。
津はこれまで51優出11Vと数々のドラマを見せてきた水面。長く三重支部を引っ張ってきた森が、地元ファンの声援を受けながらマスターズ制覇へ挑む。

進入コース別成績
進入
コース
進入率出走
回数
平均
ST
入着率
121.8%760.18
221.8%760.20
319.3%670.19
421.0%730.19
511.2%390.19
64.9%170.22
近畿
3278山田豊
山田豊

山田豊が昨年の雪辱を目指す!
近畿地区からマスターズチャンピオンに出場するのは古場輝義、山田豊、倉谷和信。3人だけとやや寂しい陣容だ。近畿地区勢のマスターズ優勝は05年の水野要が最後。12年ぶりの奪還を目指す3人の意地に注目したい。
なかでも山田は一年前の雪辱に燃えていることだろう。昨年のマスターズは地元びわこでの開催だったが、初日1走目にフライングという最悪の結果に。高ぶる気合が勇み足につながってしまった。今年こそ持ち前の速攻力を見せてV争いをかき回したいところだ。

進入コース別成績
進入
コース
進入率出走
回数
平均
ST
入着率
122.5%840.15
217.4%650.16
316.1%600.18
418.0%670.18
514.5%540.21
611.5%430.22
四国
3232山川美由紀
山川美由紀

絶好調の山川美由紀が女子初Vへ!
山川美由紀が絶好調だ。1月の常滑オールレディースで久々の優勝を飾ると、3月には宮島G2第1回レディースオールスターを制して初代覇者に。さらにその翌節には地元の丸亀オールレディースでも優勝し、今年3Vで女子賞金ランキング首位を快走している。昨年10月に50歳を迎えてから勢いを増してきた。
マスターズチャンピオンでの女子レーサーはこれまで日高逸子が10年と13年、高橋淳美が14年に優出しているが、優勝にはあと一歩届かなかった。山川が女子初のマスターズ制覇を成し遂げるのか。

進入コース別成績
進入
コース
進入率出走
回数
平均
ST
入着率
122.7%800.13
220.1%710.16
316.4%580.17
417.8%630.15
515.0%530.14
67.9%280.14
中国
3499市川哲也
市川哲也

市川哲也が初出場初Vを狙う!
今大会でマスターズチャンピオン初出場を果たす選手は10人。新美恵一、丸尾義孝、原田富士男、打越晶、滝沢芳行、渡邉睦広、市川哲也、長溝一生、三嶌誠司、福田雅一とそうそうたるメンバーがそろっている。
なかでもV有力候補として期待を集めるのは市川だろう。1月の大村G2モーターボート誕生祭で優出6着、3月の江戸川G1ダイヤモンドカップで優出5着に入るなど近況好リズム。津は04年にG1モーターボート大賞で記念タイトルを取った経験もある水面だ。驚異のスタート力を武器にマスターズ戦線を席巻するのか。

進入コース別成績
進入
コース
進入率出走
回数
平均
ST
入着率
123.4%710.14
218.5%560.15
321.1%640.16
419.1%580.14
513.5%410.16
64.3%130.16
九州
3297藤丸光一
藤丸光一

藤丸光一がマスターズ初優出へ!
九州地区のエースを担うはずだった田頭実はF休みのため不在。戦わずして大会2連覇の夢は消えた。それでも藤丸光一、山一鉄也、日高逸子など九州地区は陣容多彩。V争いのカギを握ってくるはずだ。
藤丸はこれが3年連続3回目のマスターズ参戦。初出場だった15年は準優進出戦で敗退、昨年は準優で敗退と一歩ずつ階段を上がってきた。今年はもうひとつ上、優出が大きな目標となってくるだろう。津は最近5節で3優出と相性上々の水面だけに楽しみな存在となりそうだ。

進入コース別成績
進入
コース
進入率出走
回数
平均
ST
入着率
126.8%920.20
232.1%1100.21
328.9%990.19
410.5%360.17
50.9%30.11
60.9%30.15
  • BOAT RACE OFFICIAL WEBSITE
  • スポーツ新聞各紙WEB版ボートレース記事
  • HAPPY BOAT CLUB
  • BOATRACE RADIO GIRLS
  • BOATRACEライブ