2019 08.16~08.21

関東4387 平山智加
早くも復帰Vを飾り、絶対能力を実証

もうかなり以前の話になるが、引退した有名女子選手の言葉はいまだに心に残る。「人によるんでしょうけど、私は出産したら選手として強くなる要素しかないと思ってる」。近年はそれを実感するママさんレーサーは多い。
平山もまさにそうなるはず。13年には尼崎周年Vの偉業を達成、年末にクイーンズクライマックスも制した。16年にはSGダービーのドリーム戦1号艇を奪い、見事にイン逃げも決めた。出産前の実績が偉大過ぎるものの、2度の出産を経て今年5月の丸亀戦で復帰すると、7月下関のヴィーナスシリーズで早くも優勝を飾ってみせた。5月以降の新期勝率は、6.92にも達する。やはりブランクを補って余りある女子屈指のポテンシャルを備える。尼崎は周年Vで強烈な印象を残した水面。今節も、今後の復活ロードにも注目したい。
進入コース別成績
進入コース進入率出走回数平均ST1着率2着率3着率
128.6%140.1471.4%14.3%0.0%
216.3%80.1725.0%37.5%25.0%
318.4%90.1633.3%33.3%11.1%
414.3%70.2314.3%14.3%42.9%
516.3%80.180.0%37.5%12.5%
66.1%30.200.0%0.0%0.0%